自己都合退職でも失業手当をすぐに貰う方法

スポンサード リンク

失業手当、失業保険給付金というのは会社を辞めてすぐ出るワケではないというのは有名な話なので知っている人は多いだろう。但し、これは自己都合で退社した場合の話である。「こんな会社辞めてやる!」といって離職した自己都合の場合には、3か月の給付制限期間を経ないとお金が貰えないのである。更に受給期間も会社都合退職の場合に比べて短くなってしまう。これは失業者にとっては辛い所だろう。

しかし、あまり知られていないのは、「正当な理由のある自己都合退職」という第3の分類がある事である。これに認定されると、給付制限期間なしに失業手当が貰えるのである。

一般的に即時失業保険給付金が貰えるのは会社都合で辞めた(辞めさせられた)時である。そして、ハローワーク内の事情としては、会社都合、すなわち、解雇・会社倒産などの「特定受給資格者」の資格認定は所長決裁事項で、それを証明するさまざまな公式書類が必要なのだが、「正当な理由のある自己都合退職」というのは、窓口の職員の裁量で決裁出来るのである。

では、「正当な理由のある自己都合」とは何なのだろうか。

色々あるようだが、一番理解し易いのは「職場でのいじめ」である。「こんな嫌がらせのメールが来た」「こんな嫌がらせの手紙が来た」というような「証拠」を持っていけば一発で「正当な理由」と認められる事が多い。またパワハラ等の場合にはその音声をスマホなどに録音しておけば証拠になるだろう。但し、失業率の高い大阪府等ではチェックがきつくなる傾向にあるので、注意しておきたい。

スポンサード リンク

また、他の注意点として上記のように「いやがらせを受けた」場合には、ハローワーク側から会社に確認が入る可能性があるので、退職時にその旨を会社に伝えておいた方が良いかもしれない。勿論、会社側がその事実を隠す事は往々にして考えられるが、その為にも上述したような証拠はきちんと抑えておきたいものである。

そして、この場合、失業保険給付金は早くに貰えるが受給期間については、普通の「自己都合退職」と同になってしまう。しかしハローワーク紹介の職業訓練を受けることにすれば、受給期間は自動延長される上に、通学手当や交通費も支給され、更に就職し易くなるので至れり尽くせりである。是非退職時にはハローワーク、有効活用したいものである。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ