知って得する風邪の常識

スポンサード リンク

林修の今でしょ!講座で紹介された役立つ風邪に関する雑学。

風邪の常識を3つ紹介。

くしゃみによるしぶきは何メートル飛ぶ?

くしゃみによるしぶきは何メートル飛ぶかと言えば、個人差はあるが2メートル以内である。つまり2メートルの範囲で菌・ウイルスは飛散する。

ちなみに上を向いてくしゃみすると喉が痛い理由は肺から気道・口までストレートになってしまい、一気に空気が押し出されるので、喉に小さな傷が出来やすいからである。

人間が一生涯に風邪をひく回数は平均何回?

人間は人生に約200回風邪をひく。意外と多いと感じるかもしれないが、実は小さな子供は免疫力弱いので1年間で平均6~10回ひくのである。大人になると免疫が強くなるので1年で数回と回数は減る。

スポンサード リンク

冬の時期咳やくしゃみで出た菌・ウイルスが空気中を漂う時間は?

冬の時期は一度咳やくしゃみなどで飛散した菌・ウイルスは約30分浮遊している。冬の時期は乾燥しているので漂い易いのである。湿度が高い場合は水分に菌やウイルスがひっつき、その重さで落ち易くなる。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ