風邪を効率良く治すには寝る前に卵酒を飲む

スポンサード リンク

林修の今でしょ!講座で紹介された役立つ風邪に関する雑学。

長崎大学医学部小児科の森内浩幸教授によると良い睡眠をする意味も含めて卵酒を作るという。

卵酒の作り方はお酒を煮立ててアルコールを蒸発させ、溶いた卵を入れ、煮詰まらないうちに飲むのである。好みにもよるが蜂蜜・生姜も入れると更に良い。

風邪のひき始めは十分な睡眠をとって酷くなる事を防ぐのが大事であり、風邪をひいたなといった時にはゆっくり体休める事が大事なのである。

たまご酒の3つの医学的利点

卵酒は昔から風邪に良いと言われているが、実際に医学的見地から見ても3つの利点がある。

スポンサード リンク
  • 1点目はアルコールにより体を温かくし眠気を誘う。また体を温める事は風邪を治すのに効果的である。
  • 2点目は卵の高い栄養価である。やはり風邪の時は高い栄養を効率良く吸収する事が大事である。
  • 3点目は卵の白身にはリゾチームという成分。この成分は風邪薬にも入っている消炎剤(抗炎症作用)の役割を果たすのである。つまり、卵酒の中に風邪薬が入っているという事である。このリゾチームはネバネバになった痰を出しやすくする作用もある。

また、加熱すると酵素が落ちるので卵酒の卵は半熟が良く、寝る前に飲むのが一番効果的。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ