お腹いっぱい食べても大丈夫!楽痩せ主食豆腐ダイエット

スポンサード リンク

トリックハンターで紹介されたダイエットに役立つ雑学。

主食豆腐ダイエットとは?

それはダイエットに関する雑学で、お腹一杯にご飯を食べても大丈夫なダイエット方法である。

その楽痩せトリックは、主食は白ご飯の代わりに豆腐を食べるだけのシンプルなものである。つまり、白米を豆腐に代える、『主食豆腐ダイエット』である。

実際に丼一杯の白ご飯のカロリーは504キロカロリーであるが、それに対し一丁の豆腐のカロリーは157キロカロリーと約3分の1。丼一杯のご飯を豆腐に代えるだけで約350キロカロリーもオフ出来るのである。

豆腐を連日食べなければいけないという事で、飽きる事が懸念されるが、飽きない為のアレンジというものも必要である。

『納豆オクラ丼』『しらす丼』『いくら丼』などを全て白米を豆腐にしておけば常に350キロオフで食事が取れ、かつ満腹感も得られるのである。中には豆腐の上に乗せる『すき焼き丼』なんてものを作ってもカロリーはきっちりとオフされる。

健康面は大丈夫?

しかし、主食豆腐ダイエットは健康面ではいかがなものなのであろうか。

スポンサード リンク

秋津医院院長の秋津壽男先生に話を伺うと、豆腐は十分な植物性タンパクであり、低カロリーで栄養価の高いので問題はないという。炭水化物抜きやカロリー0食材に置き換えるよりも健康的であり、白米を豆腐に置き換えるのは良いアイデアなのである。

更に肉の代わりにソイミートを使用すると更にカロリーオフ出来る。ソイミートとは、大豆から出来ている加工食品お肉であり、そのカロリーは豚ロース肉の半分しかない。

是非ダイエットしたい人には実践していただきたい。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ