風邪をひいた時は温かいお茶(緑茶)でうがいをすると良い

スポンサード リンク

林修の今でしょ!講座で紹介された役立つ風邪に関する雑学。

名医達は風邪をひいた時には温かいお茶、特に緑茶でうがいをしているという。予防はもちろん風邪を治す為にもお茶でうがいをするのである。

うがいの意味・効果は?

そもそもうがいをする意味は、風邪にかかると喉に菌がつき炎症・トラブルが発生する。そこでうがいで消毒・治す作用があるのである。

特にお茶の中でも緑茶でうがいをするのが良い。緑茶にはカテキンが豊富に入っていて、カテキンには殺菌作用があり、新たなウイルスや細菌が侵入しにくくなるのである。

また、お茶のカテキンの含有量は温度によって変わる。温度が70度以上だと苦味成分であるカテキンがたくさん出るので、70度以上のお湯で緑茶を入れた方が良い。但し、そのまま飲むと火傷してしまうので、飲める位まで冷ましてからうがいすると良い。

ちなみに、カテキンの量は番茶・煎茶をはじめ日本茶が他のお茶に比べて非常に優れている。お茶うがいは風邪予防も出来るし、早く治せるので非常にオススメである。

処方・市販されるうがい薬は強過ぎて喉を傷つける

そして、医者から処方されたり、市販されているうがい薬は、効果は高いが、その効果が高いがゆえに殺菌効果が強すぎて喉が乾きすぎてしまうのである。強い感染力を伴う病に関してはこちらでも良いが、弱い風邪にはお茶うがいが最適なのである。

スポンサード リンク

また、それでもうがい薬をする場合は喉を乾かし易いので、最後は水うがいをする方が良い。その際にも緑茶はちょうど良いのである。

焼酎でうがいは良いの?

更に、焼酎でうがいするのも良いとされている。確かにアルコール消毒になるので、殺菌力は強いうがいである。しかし、風邪から治ろうとしている細胞までもアルコール消毒殺してしまう可能性があり、傷が治らないので風邪は治っても喉が良くならない可能性がある。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ