おかゆをよく噛んで食べると風邪が治り易くなる!

スポンサード リンク

林修の今でしょ!講座で紹介された役立つ風邪に関する雑学。

イシハラクリニック内科医・副院長の石原新菜によると風邪の時はおかゆをよく噛んで食べると治るという。

よく咀嚼すると風邪が治る理由

そもそもおかゆは流動食で、咀嚼しなくても良い事がウリなのに何故なのであろうか。

実はその理由は胃への負担にある。1回口の中で噛んで唾液で消化して胃腸の負担が少なくなるのである。

風邪の時は食欲が落ちるが何か食べなければいけない。おかゆは水分が多く、胃への負担が少ないので本来は消化に良い。一方で、消化が良いのでよく噛まないで飲み込んでしまう人が多いが、風邪の時は胃腸が弱っているので、消化量が低下している時に一気に負担がかかる食べ方はいくらおかゆでも良くないの。おかゆもよく噛まないと消化に悪いのである。

胃に負担がかかると、体は消化にエネルギーを使ってウイルスや細菌との闘いに専念出来ない。風邪を早く治す為には消化に良い食べ物をよく噛んで食べた方が良い。

スポンサード リンク

早く風邪を治す効果が期待出来るトッピング

ちなみに、おかゆを食べる際に風邪を早く治す為に良いトッピングがある。梅干しの酸味で食欲を促すのも良いが、一番のポイントは体を温める事。

体を温かくするには生姜・ネギ・ニンニクが有名で、この3つを上手く組み合わせておかゆをはじめ、風邪の時の食事に加えると治りが早くなる。特に生姜の辛味成分、ジンゲロールは血流を良くして非常に体を温めてくれる。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ