首にネギを巻くと体が温まる、風邪が治るって本当?

スポンサード リンク

林修の今でしょ!講座で紹介された役立つ風邪に関する雑学。

日本の風邪をひいた時の民間療法の一つに首にネギを巻いて寝ると治り易くなると言われている。一見、ふざけた話ではあるのだが、医学的・科学的な見地から見てもこの方法は合理性がある。

ネギを首に巻くと風邪が治る理由

但し、ネギを首に巻く時は少し火で炙らなければいけない。そうする事でネギの中になるアリシンという成分・物質が揮発してネギの外へ出てくる。

実はこのアリシンという成分・物質は殺菌作用があり殺菌効果が期待できる。ちなみに、このアリシンはネギの辛味成分である。

つまり、ネギを首に巻くという風邪の予防・治し方・民間療法は実際効果があるのである。

スポンサード リンク

ちなみにどの程度火で炙れば良いかと言えば、ほんのり匂いが立つ感じがちょうど良い。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ