温めたスポーツドリンクを飲むと風邪が治り易い

スポンサード リンク

林修の今でしょ!講座で紹介された役立つ風邪に関する雑学。

八王子クリニック院長の井藤尚文先生が実践している風邪の治し方はスポーツドリンクを温めて飲む事である。風邪をひいたらレンジで温めて飲むのである。

何故風邪を治りを早めるのか?

一体何故これが風邪を治す事に繋がるのだろうか。その理由は体温を上げる事にある。温めたスポーツドリンクによって、体温を上げて侵入した菌やウイルスを撃退するのである。

そもそも、体液とスポーツドリンクは非常に成分が似ているので体が吸収し易く、中には栄養もたっぷり入っていて、電解質もあり、発熱に弱った体に栄養を効率よく補給出来る。

風邪の時は汗が一杯出る。特に冬は喉・鼻の粘膜が乾燥でカラカラになり、細胞の繊毛の働きが低下してウイスルなどが口や鼻から侵入し易くなる。これが風邪が悪化する原因になっている。

一方で十分に水分をとった繊毛はウイルスを外に追い出そうとする。つまり、強い抵抗力を持つ事になる。だからこそ風邪の時の水分補給は重要なのである。

ポイントは何と言っても温める事である。

風邪の時に体を温める理由

では、何故そもそも何故風邪の時は体を温めた方が良いのだろうか?

スポンサード リンク

その理由は血流が良くなるからである。体温が上がると血管が広がり易く血液の流れが良くなる。血液の流れがよくなるとウイルスと闘う白血球の体の巡りが良くなり、同時に白血球はパワーアップし、菌やウイルスを撃退してくれるのである。

スポーツドリンクは水分や栄養を効率良く補給し、喉に潤いを与え新たなウイルスや細菌の侵入を防ぐ。更に温める事で体温が0.5度くらい上がる。

飲むタイミングは?

飲むタイミングとしては、一日で朝起きた時が一番体温が低いので、体温が低い朝に飲むのが一番効率的である。

適温は何度?

どの程度温めれば良いかと言えば、体温と同じ位がちょうど良いので触って温かいと思うくらい。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ