皮膚の老化を早める一番の原因は?

スポンサード リンク

駆け込みドクター!で紹介された美容に役立つ雑学。

そもそも皮膚の老化とは何なのだろうか。シミ・シワ・たるみの原因は加齢である。

皮膚は三層構造に分かれている。外部の刺激から体を護り、体内の水分蒸発を防ぐ表皮。真皮はコラーゲンという繊維上のタンパク質が張り巡らされ、肌に弾力を与えている。そして、主に皮下脂肪で出来ており、エネルギーを貯蓄し体温を持続させる皮下組織。

肌が老化すると、新陳代謝などが低下し、コラーゲンなどが減少する為、シワ・たるみを生み出しシミを生み出す。

老化を早める原因は?

その老化を早める一番の原因は紫外線。

皮膚の紫外線による影響は日焼けやシミだけではない。紫外線が皮膚に吸収されると肌の弾力性を保つコラーゲンが破壊され、シワやたるみが出来易くなる。

そしてこの紫外線は肌の老化の原因の8割を占めている。

スポンサード リンク

更に冬の時期気をつけたいのが乾燥。皮膚は天然の潤い成分を持つ角質層で覆われている。この角質層は細菌や微生物の侵入を防ぐたけでなく、体内の水分を外に逃さないバリア機能を持っている。

しかし、乾燥すると潤い成分がなくなり、角質層が破壊されてしまう。結果、上述した紫外線のダメージを受け易くなるのである。乾燥し易い冬は肌の老化を早めてしまう季節なのである。

基本的に肌の色が黒くなるのは皮膚へのダメージの表れであり、例えそれが日焼けマシーンであっても安全とは言えない。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ