青い目の下のクマを解消・緩和する「顔(表情筋)の体操」

スポンサード リンク

青い目のクマが出来る原因と対策

駆け込みドクター!で紹介された美容に役立つ雑学。

内科・皮膚科の友利新先生によると目の下に出来るクマの中でも青いモノは血液不良によるクマであり、目の下の血流が滞ってしまう事により青っぽく見えてしまうのである。

であるからして、このような目の下のクマを解消するには、血流を良くする必要があり、血流を良くする為には顔の筋肉、いわゆる表情筋を動かしてあげる必要がある。そこで、今回の記事は目の周りの表情筋の血流を良くし、青い目のクマを解消・緩和する為の「顔の体操」を紹介する。

眼輪筋の運動

眼輪筋とは目の周りの筋肉であり、これの鍛え方は目を大きく閉じる開くを繰り返すシンプルなものである。これを3秒ずつ5セット繰り返す。

眼瞼挙筋の運動

眼瞼挙筋とは目を開く時に使う瞼の筋肉である。これの鍛え方はおでこの筋肉を使わずおでこを押さえて、目を開くという作業を3秒ずつ5セット行う。

スポンサード リンク

ここでおでこをきちんと手で押さえて行なわないと、おでこの筋肉の力も使って瞼を開こうとしてしまう為、きちんと押さえておく事が重要なのである。

これを朝夜1日2回行うだけで目の下の青いクマを予防出来るのである。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ