体が柔らかくなるストレッチ方法

スポンサード リンク

世界一受けたい授業で紹介されたストレッチに役立つ雑学。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーの広瀬統一先生がすぐに体が柔らかくなる驚きのストレッチを紹介。

前屈が苦手という人は多いのではないのだろうか。

実は前屈で重要なのは脚の柔軟性だけでなく、体幹、お腹周りや背中の筋肉の柔軟性も重要なのである。そこで、その部位を柔らかくするストレッチが必要なのである。

まず、四つん這いになって右手を伸ばし、左足もしっかり伸ばす。

その時に伸ばした方の手の指も伸ばし、3秒間その体勢をキープする。

そして、伸ばした手と脚を曲げておへその下で肘の膝をぶつける。

そして、また伸ばし、縮めるを繰り返す。

これを3回行い、逆の手足も同様に3秒伸ばし3秒縮める。

このストレッチを各々3回ずつすれば体が柔らかくなるのである。

スポンサード リンク

体が柔らかくなるメカニズム

実は筋肉は強く縮むとその反対側の筋肉は伸びる性質があり、その性質を利用したストレッチなのである。

そこで、このストレッチのメカニズム・仕組みは後背筋を緩める為、腹筋を刺激し、背中の柔軟性を高めたのである。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ