腰痛で腰を伸ばすとダメ!正しいストレッチ

スポンサード リンク

世界一受けたい授業で紹介されたストレッチに役立つ雑学。

間違った腰のストレッチ

長時間のデスクワークによる腰が痛くなる事は多い。同じ姿勢でいる事により、筋肉が凝り固まる事により発生する腰痛。

この時、よくしがちなのが腰を反って伸ばすストレッチであるが、実はこの方法はダメ、間違ったストレッチ方法なのである。

そもそも腰痛とは背骨周りの筋肉のバランスが悪くなる事で、背骨が曲がり起こる痛みであるので、腰を反る事で背骨がより曲がってしまい逆効果の恐れもあるのである。

そして、実は腰痛を悪化させる一番の原因の背中の筋肉よりも太ももの裏側の筋肉にある。

太ももの裏側の筋肉・大腿二頭筋は骨盤まで繋がっておりデスクワークなど同じ姿勢を長く続ける事で筋肉が縮み骨盤が引っ張られ、背骨が歪み腰痛が発生してしまうのだ。そこで、大腿二頭筋のストレッチをする事が腰痛改善に繋がるのである。

腰痛に効果的なストレッチ「クラウチングストレッチ」

腰痛に効果的なストレッチ「クラウチングストレッチ」を紹介。

スポンサード リンク

伸ばしたい方の脚を一歩前へ出し、そのままその脚の膝を曲げる。

そして、反対側の手を地面に付ける。この時伸びている場所はモモの裏になるので、きちんと伸びているか意識する。

そして、このまま胸が太モモの前につくまで深く曲げ、ゆっくりと呼吸しながら20秒間その状態をキープする。

これを左右20秒ずつ3回1日3セット、3週間続ければ腰痛緩和・解消の効果が期待出来る。

但し、同じ腰痛でも急性のぎっくり腰の場合は逆効果になる恐れがあるので注意が必要である。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ