肩の痛みで肩を回すのはダメ!肩の痛みに効果的なストレッチ

スポンサード リンク

世界一受けたい授業で紹介されたストレッチに役立つ雑学。

年齢を重ねると出てくるのが四十肩など肩の痛み。こんな時、無理に肩を回したしまう人は多いが、このようなストレッチはダメ、間違っている。

肩を急激に動かすと固まった筋肉や腱が無理に引っ張られ、炎症を起こしむしろ、肩の痛みが増す可能性がある。

肩の痛みを抑えるポイントは肩甲骨にある。

肩の動きの3分の1は肩甲骨が支配している為、その可動域を広げ、柔軟性を高める事で、肩の負担が減り、痛みがなくなるのである。

肩甲骨のストレッチ

その肩の痛みを取る肩甲骨のストレッチ「腕楕円ストレッチ」を紹介。

まず、手を組んでそのまま胸の前まで上げて肩甲骨を開くように腕を前に伸ばす。

スポンサード リンク

そして、首も曲げて背中全体が伸びるようにして、これを3秒続けたらゆっくり手を下げるように肩甲骨を下げ引き付けるように3秒息を吐きながら前に伸ばす。

これだけで肩甲骨の柔軟性は上がるが、もしこのストレッチの体勢に痛みを感じる場合は無理せず行なわない。

これを10回1日3セットで3週間続ければ効果がある。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ