記憶力をアップさせる方法

スポンサード リンク

暗記の基本は反復にある。1日10分程度の短時間でも構わないので、とにかく何日も根気良く続ける事が大事である。また、暗記作業は夜、寝る前に行うのが良いとされる。脳波寝ている間に記憶を定着させるからである。新たな情報が眼や耳から入ってくる事を防ぐ為、暗記の後はすぐに就寝するのがベターである。

暗記→応用→暗記を繰り返す「サンドイッチ学習」も有効だ。寝る前に暗記して翌朝再び暗記、そしてその日の夜にまた暗記という事を1週間ほど続けると、目に見えて効果が上がるはず。

歳を取ると脳の働きは減退する。同時に2つの事を頭に置いて作業する際、脳の中に活発に働く部分がある。これをワーキングメモリーという。この部分が加齢に伴い衰えると、「もの忘れ」の原因となってしまう。とは言え、ワーキングメモリーは鍛える事が可能で、それには文章を書く事が有効とされている。手頃な日記あたりからトライしてみてはいかがだろう。

スポンサード リンク

最後に、記憶を取り戻すのに役立つのがエクササイズ。と言っても眼球を左右や水平に動かすだけである。簡単だが脳の両極を相互に刺激し、一定の効果がある事が研究でも分かっている。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ