細菌とウイルスの違いは?

スポンサード リンク

世界一受けたい授業で紹介された時代劇のウイルスに関する役立つ雑学。

感染症を引き起こす原因となっているのは細菌とウイルスが存在するが、細菌とウイルスでは何の違いがあるのだろうか?

正解はその大きさと生き様である。

細菌とウイルスの大きさを相対比較すれば、バスケットボールとビー玉程の違いが存在する。

細菌は光学顕微鏡で目視出来るが、ウイルスは電子顕微鏡というより小さなモノを見る時に使用する顕微鏡で目視する事が可能となる。

更に決定的な違いは細菌とウイルスの生き様の違いになる。

細菌は自分で栄養分を取り入れ、自分で分裂し生きていけるのに対し、ウイルスは自分だけでは生きていく事が出来ない。全てのウイルスには自然宿主と呼ばれる生物がいて、その細胞の中に感染して増える。

ウイルスは本来寄生した生物を殺す程の害は発症させない

スポンサード リンク

自分だけでは生きてはいけないウイルス。自然宿主の生物が死んでしまうと、自分が死んでしまう為、基本的にはウイルスは自然宿主が簡単に死んでしまうような病気は発症させない。

しかし、一部のウイルスには自然宿主以外の生物に感染すると、致命的な病気を起こす可能性がある。

その代表的な例がエボラウイルスである。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ