乾燥機の節電・節約方法

スポンサード リンク

乾燥機の電気代は馬鹿にならない事は最早有名な話。

基本的に冷やすよりも、暖める方が消費する電気量は大きい。その為、冷房よりも暖房の方が電気代は高く、ドライヤーなんかも電気消費が激しいので、ドライヤーを使ったらブレーカーが落ちたなんて経験がある人も多いだろう。

そして乾燥機は簡単に言えば超小型の暖房をガンガン効かせた部屋に洗濯物を突っ込む仕組みとなっている。こうなればいわずもがな電気代は高くつく。

なので、洗濯物はなるべく乾燥機は使わず自然乾燥が望ましいと言えるが、雨の日など、自然乾燥が出来ない場合もあるだろう。

この時に乾燥機の効率を早める時短術・節約術が存在する。

その方法とは非常に簡単で乾いたバスタオルを入れて乾燥機を回す事である。乾燥機の中に渇いた「バスタオル」を洗濯物と一緒に入れて回すだけで早く乾燥が完了するのである。

スポンサード リンク

この理由も至ってシンプルであり、洗濯物の水分が渇いたバスタオルに適度に吸収される為、である。バスタオルに付着した微量の水分も乾燥機ですぐに蒸発され、洗濯物の湿気を吸収⇒蒸発を繰り返すので、洗濯物が乾き易くなるのである。

洗濯物を急ぎで乾かさなければいけない場合は是非活用したい方法である。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ