ビニール傘・撥水効果修復術

スポンサード リンク

雨が降った時、必要なのは当然傘。しかし、出先で急に雨に降られた場合、慌ててコンビニに駆け込み、その時お世話になるのがビニール傘、通称ビニ傘である。

買いたての時は表面に撥水加工がされているので、水を弾いてくれるが、ある程度使い込んでしまうと、撥水効果は薄れ、傘を畳む時にビニール傘についた雫が体に付いて不快な思いをした人も多いだろう。

とは言え、傘は傘。いくら安いビニール傘であっても新しく買う気にはなかなかなれないだろうし、出来る限り長持ちして欲しいものである。

そんな際に、ビニール傘の撥水効果を再度発揮させる方法が存在する。

それは非常にシンプルな方法ではあるが、ビニール傘の表面を濡れたティッシュなどで軽く拭いてからドライヤーで温風を当てるだけである。これだけでなんとビニール傘の撥水効果が蘇る。

にわかに信じ難いこの話だが、その理由・メカニズムは元々のビニール傘の構造にある。ビニール傘に限らず、傘全般に言える事ではあるが傘の撥水はフッ素加工によるものなのである。このフッ素が使用しているうちに、手の脂や汚れ、摩擦などによって剥がれ、あるいは消えていってしまうのである。

スポンサード リンク

そこで、このフッ素加工を蘇らせればビニール傘は再度撥水性能を取り戻すのであるが、そのフッ素は熱によって復活するのである。つまりドライヤーの熱風を当てる事で、フッ素の熱の原理によって撥水加工が復活するのである。

但し、熱風が熱すぎてしまうと、ビニール傘のビニールが溶けてしまうので注意が必要である。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ