鍵穴の滑りが悪くなった時の対処法!

スポンサード リンク

鍵穴に鍵を差し込んで、回そうとしても上手く回らないといった経験はあるだろうか。筆者はまさに実家でそのような現象になって困った経験がある。そうなると、開くまで鍵を鍵穴に差し込んだ状態でガチャガチャやらざるを得ないが、これは明らかに不審者。空き巣と間違われておかしくない。

なので、上記の様に空き巣に間違われてしまわれないよう、鍵穴の滑りはよくしておきたいものである。

実はこのような時に鍵穴の鍵をスムーズに動かす方法があるのである。

その方法とは、動きの悪い鍵穴に鉛筆の芯を削った時の粉を入れてみるという事である。具体的に鍵穴に差し込む鍵にこの粉をかけてあげれば良いだろう。これを何度か繰り返すだけで実にスムーズに鍵が回せるようになるのである。

スポンサード リンク

この理由・メカニズムは鉛筆の芯にある。鉛筆の芯は炭素で出来ており、非常に滑らかになっている。そもそも鉛筆は書き易さを追求する為に、芯にはツルツル、紙に出来るだけスムーズに書ける素材が使われているのである。この炭素を鍵穴に塗る事で、鍵と鍵穴といった金属同士の摩擦を減らす効果があるので、鍵がスムーズに回るようになるといった仕組みである。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ