交渉を上手くする方法は一方的にまくしたてる

スポンサード リンク

議論や交渉はキャッチボールやテニスのラリーに例えられるが、それはあくまでも互いに信頼関係が構築されている場合に限られる。あるいは、これから信頼関係を構築していこうといった場合である。

しかし、交渉のパターンによってはその場限りの契約が結べれば良いという事もあるだろう。また、相手が攻撃的な姿勢でいる時もあるだろう。それに合わせていたら向こうのペースに巻き込まれてしまう。そんな時は一方的に自分の主張をまくしたて、相手の言葉に耳を貸さないというのも1つの手だ。

修羅場を潜り続けるてきた政治家達がジャーナリストの質問に直接応えず、言いたい事だけ繰り返し訴え続けるのも同様の手法なのである。

スポンサード リンク

お金を借りる時や女性を口説く際にも応用出来るが、人によっては反発を招くだけなので、使いどころの見極めも必要だ。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ