子供に鍼灸治療・針を刺しても大丈夫?

スポンサード リンク

林修の今でしょ講座で紹介された雑学。

子供に関して鍼灸治療・針を刺しても問題はない、大丈夫だという。

鍼灸師の片山憲史先生によると今まで治療した患者で、一番若い人は2歳の幼児であるという。赤ちゃんに近い幼児期・若年層に行う症例としては、夜尿症(おねしょ)、夜泣き等が挙げられる。

むしろ妊婦や小さい子供に関しては、西洋医学の強い薬を使えないので、東洋医学の方が合っていると言える。

更に言えば、東洋医学は自己治癒力を高める治療法であり若い子・人であればある程、その効果は高い。

スポンサード リンク

東洋医学は、西洋医学と異なり、無理やり治すのではなく、治癒する為のきっかけを与えるものなのである。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ