鍼治療の針を刺しても痛くないのはなぜ?

スポンサード リンク

林修の今でしょ講座で紹介された雑学。

鍼灸治療の針を肌に刺しても、そこまで痛くない理由を説明。

注射針と鍼灸針を比較すると、注射針は鍼灸針に比べて、圧倒的に太い。

なぜ注射針が太いかと言えば、その理由は基本的に注射針は薬物を体内に注入したり、血液を採取する為の空洞が必要だからである。なので針の先端を細くするのに限界がある。

注射針は先端が、ナイフのようにカットされているが、鍼灸の針は限りなく先細りになっていて、鋭くはなっていない。

簡単にいえば、注射針は皮膚を切って挿入するのに対し、鍼灸針は皮膚の組織をかき分けて挿入するのである。

スポンサード リンク

なので、目に見えない細い血管でも、血管をぶち破るのではなく、鍼灸の針は血管を避けて入っていくのである。

このような仕様なので、鍼灸の針は抜いた時に皮膚組織が自然と閉じて血は極力出にくい。

だからこそ、鍼灸の針は痛く感じない。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ