腰痛に効果的なツボ

スポンサード リンク

林修の今でしょ講座で紹介された雑学。

腰痛や体のツッパリによく効くツボがある。

そのツボは手の甲に存在する。

使用する針は直径0.1mm。針は5mm程の深さまで刺す。

番組では、林修が挑戦し、針を刺す前と後で、-6cm⇒-9.5cmで前屈が3.5cmもアップした。

針で体が柔らかくなる理由としては、針で筋肉の緊張を緩める効果・作用があるからである。

更に痛みを感じている人は痛みを緩和する作用があるからである。

手に刺して腰に効くのはなぜ?

東洋医学ではツボの連続性をもったものを経絡と呼ぶ。

ツボというのは一連の流れがあり、ツボの繋がりが線路でいう路線に当たる。なので、全然関係なさそうな所(ツボ)を押して、治療箇所に効果が出るのである。

体を柔らかくするツボ

ちなみに針を使わなくても腰痛のツボを押す事で、体が柔らかくなる。

スポンサード リンク

針を刺さずにツボを刺激・指圧するだけで、体の柔らかさは変化する。

人差し指と中指の骨の接合部でV字型になっている部分、同様に薬指と小指の骨の接合部でV字型になっている部分を5秒間指圧して刺激する。

こうする事で体が柔らかくなる。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ