腰痛には鍼治療が効果的?ぎっくり腰の原因とは?

スポンサード リンク

林修の今でしょ講座で紹介された雑学。

実際に針を刺したら、人間の体にどのような変化があるのか説明。

ぎっくり腰とは腰に負担がかかった際に、突然襲ってくる急性の腰痛で激痛が走り動けなくなってしまう場合もある。針と灸を15分施術するだけで見違える変化が表れる。体が曲げられるようになり、痛みも大幅に軽減される。

但し、何回か治療を繰り返さないと、慢性腰痛の人は1回で治らないが、急性のぎっくり腰の場合は一発で効果がある場合がある。

ぎっくり腰を防ぐ為の対策としては、自分自身で意識的にゆっくり腰の動作をした方が良い。

ぎっくり腰の原因は?

ぎっくり腰は簡単にいえば、腰の捻挫である。

ぎっくり腰の主なメカニズムは、腰の骨の周りの筋肉や靭帯が緊張や負担で傷ついてしまう事によってバランスを崩す事によって起きる。

スポンサード リンク

ぎっくり腰になりやすい人の特徴・共通点は、運動不足・柔軟性に乏しい事が言える。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ