胃もたれの解消法・緩和法はジャガイモの絞り汁

スポンサード リンク

歳を重ねてくると、胃もたれに苦しむ人は多いのではないだろうか。

食事をした時、特に脂っこい食べ物を食べた時は「む、胃で何かが暴れている」という感覚を味わった中高年の人は多いはずである。すぐに収まれば良いが、翌日にまで持ち越してしまうと胸くそ悪い事この上ない。快適な生活を送る為には、この胃もたれをいち早く解消・緩和したいものだろう。

その解消・緩和する方法として、ジャガイモの絞り汁を飲むのが良い。絞り汁が難しければ、そのまま蒸かしてジャガイモを食べるのも良いだろう。

実はジャガイモにはクロロゲン酸という成分が含まれており、これは胃薬にも含まれているタンニンという成分に非常に酷似しているのである。

そもそも胃もたれというのは、胃から胃液が健全に分泌されない為、食べ物がいつまでも胃の中に残った、暴れているような感覚があるのである。

スポンサード リンク

このタンニンは胃の粘膜を刺激し、胃液の分泌を促進するので、胃もたれを解消・緩和するというワケである。

但し、勿論手元に胃薬があるのであれば、そちらを服用した方が確実である。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ