21歳未満でも格安に自動車保健に入る方法

スポンサード リンク

通常自動車保険の年齢区分は、全年齢、21歳以上、26歳以上、30歳以上となっている。

21歳未満だと当然多額の保険料を支払うことになるが、これは21歳未満は運転に不慣れで、稀に無茶な運転をして事故に起こし易いというのが理由になっている。

ところが、あいおいニッセイ同和損保では「貨物車」に対しては年齢制限を設けていない。

「貨物車」は商業用とみなして誰が乗るかわからないとのことで「貨物車」は全年齢しか選べなくなっているのである。しかし、保険料は30歳以上の金額とほぼ同額であり、30歳未満の人にとってはお得な自動車保険と言える。

とは言え、「貨物車」なんて持っていないし、持ちたくもないという人もいるだろう。しかし「貨物車」といっても軽自動車でも出ており、トラックのようなものばかりではなく、バンタイプも「貨物車」に相当するのであるから、これから買う人、買い換える人は検討してみてはいかがだろうか。

任意保険・税金面でもお得

ちなみに、乗用軽自動車だと車両保険込で30万円くらいする任意保険も、貨物軽自動車だと同内容で10万円を切るくらいの保険料で加入出来る。また、自動車税、重量税も安くなり、荷物が多く乗せられるのも魅力的である。

スポンサード リンク

あえてデメリットをあげるとすれば後部座席が狭くなる事と、車種が限定される事だが、年齢が上がり、損得関係なくなれば乗用車に乗り換えれば良いだけである。

また、4ナンバーは基本的にどこの損害保険会社でも、全年齢担保でお安く保険加入出来るのでチェックしておくと良いだろう。

関連記事

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ